銀行と、本屋に立ち寄って中野に移動。この日は

11月 15th, 2016

銀行と、本屋に立ち寄って中野に移動。この日は、パチンコもパチスロもやらず、写真屋に飛び込んで、6月
日の「T店のユキちゃん歓迎焼き肉パーティー」と6月9日の「居酒屋竜ちゃん8周年記念カラオケ大会」の「記念写真」を何枚か焼いておくことにする。

時間は20:00まずは、T店にたちより写真を置いて、帰宅…なんてことができるはずもなく、食事と飲酒とカラオケで、時間を潰す。
イトウのジイさんが来ていたので「あ、また今日も沼袋クレージーにつき合わされるのか」と思ったが「今日は行かないよ」とのこと。この人も、「オレとつき合うと長くなる」ということがわかって警戒しはじめたのだろうか(その通りだけど)パシフィックプリンセスは本当に綺麗です。それでも、沼袋行きに未練たらたらの伊藤のじいさんを置いて0:30にはT店を退出。

そのまま早稲田通りを西進し、大和陸橋の「居酒屋竜ちゃん」へ。傷だらけのローラさんやら、内田美奈子ちゃん(名前を出しても構わないという本人のお墨付きをもらった)やら、カウンターにはおなじみの方々が4人。焼いてきた写真を竜二さんに渡して帰宅…などということができるはずもなく(しつこい)、そのまま2:30ごろまで飲み続ける。

さすがに飲み過ぎて気持ち悪くなっていたので、「閉店」を待たずに店を出て、早稲田通り→平和の森公園通り→沼袋駅経由で自宅まで徒歩帰宅。就寝は3:30。

朝から寒い日だった。

11月 13th, 2016

朝から寒い日だった。

仕事が終わり、六本木のオフィスを出たらもっと寒くなってた。

猛烈に暑かった今年の夏がうそのようだ。 JVCのプロジェクターが欲しくて、店舗へ

手にもって出た背広をはおり、乃木坂に向けて六本木の坂を歩き出した。

街路樹のスズカケノキくんはまだ葉っぱが元気についていて秋はまだまだこれなんだそうだ。

残念ながら、家族に言わせると猫背気味のわたしなんだそうだ。

わたしはじぶんをナイスガイだと思い込んでいるんだけど。

で、おそらくそんな寂しそうな前傾姿勢で坂を淡々と登ってゆくと、先の方からこつこつという音がした。

こつこと。こつこつ。。

見上げると若い女性が白い杖をにぎってた。

白いブラウスとスカートだった。

もう寒いだろうに。。

かのじょの前方には先ず小さな横断歩道があってそこは信号機も無い。

わたしはどうするんだろうか?

じぶんがどうするのか興味深かった。

かのじょは手前で慎重に一旦止まってから、またそろそろと渡った。

よかった。。。

さらにその10メートル先は信号のある交差点がある。

そこには帰宅のサラリーマンが大勢、信号が青になるのを待っていた。

かれらは後ろから近づいているかのじょに気が付いていない。

こつこと。こつこつ。。

わたしはかのじょの数メートル後を追っていた。

これはヤバイなと思い、わたしはかのじょのところに追いついた。

かのじょは杖を叩きながら交差点に近づいた。

わたしはちょっと待ってと言おうとしたとたん、信号が青に変わった。

かのじょはとんとんとしながらそろそろと交差点を渡り始めた。

よかった。。。

わたしは、並列してかのじょの側に立って横断した。

かのじょが渡り終えるまで黙って側についた。

へぇ~、わたしってそんなことをするんだと驚いた。

結局、かのじょには知られずにいざとなったら動けるようについていた。

自分勝手で短気なわたしがそんなことをしたのだった。。

渡りきったのを確認し、わたしはまた乃木坂に向けて速度を上げた。

後ろを振り返って見た。

22歳ぐらいだろうか。

すこし上方を見上げてうっすら笑みを浮かべながら、丁寧にあるいてた。

だれが見守っているのかを、おそらくきみはいつも知らないのだろう。

でも、どこに行こうがきみをいつも大勢の視線が守っているんだろうなと信じられた。

勤め人なのかな?

どうも服装からすると就活の帰りの移動のようにも見えるが、

それだったらここらへんの地理はわからないだろう。

きっとこの近くの会社に勤めているんだろう。。

目が見えなくても生きてゆかねばならない。

必要ならひとには助けてもらうしかなくて、

出来るだけじぶんでできることはするしかない。

それは事実以上でも以下でもなくて、

他者に期待したり他者を裁くこともないであろうかのじょ。

白いブラウスのかのじょはとても清清しく見えたのですよ。

乃木坂から地下鉄に乗り、途中で小田急に乗り換え神奈川の自宅に向かった。

やっぱりそうゆうことはあるんだね。。

電車に乗ると、若い女性が優先席に座ってた。

別に若いひとが座っていてもわたしは当然だと思う。構わない。

でも、大学生なのかな。

かのじょは良き服装、ルックス、ナイスバディにも関わらず、

帰宅で混雑した電車内で足をでんと組んだのだ。

不満ぎみに腕を組み、彼女の前(わたしの左隣)のおじさんなぞ眼中にも無く、不遜な表情で足を組んだ。

おじさんはすこし後ずさった。

彼女の靴が仮におじさんに触れても、問題じゃない。

おじさんが足をけがするわけでもないし、泥がべったり相手につくわけじゃない。

すこしも実害は無い。

ちらりとスマホを見てはまた憮然とした。

ずっと足を前方に出し続ける。

でもきっと、本を読んではいたが前に立ったおじさんは快くは思っていなかっただろうな。。。

なにか怒りの表情と他者を省みない若い彼女。

健気に白い杖をこつこつ叩きながら前に進んだ盲目のかのじょ。

いやぁ・・・いかにも日記に書いてくださいと言わんばかりのお話だったのですよ。

で、わたしはあまりにも出来すぎたこの対比を見せ付けられて、かえって書きにくい。

だって出来すぎなコントラストじゃない?

でもね、なんにも書かないのも癪だ。

で、やっぱり誘惑に負けつつ書くことにして、まぁこうして書いてる。

持っているものでさえ不満なひと。

奪われ今残されたもので感謝するひと。

わたしにはそんなふうに見えたのだ。

いったい神は何を考えているんだろうか?

いったい神は何を試したいんだろうか?

じぶんがどちらを素敵なひとだと思っていたかは明らかだった。

でも、そんなふうに決め付けたわたしはどこかが危ういかもしれない。

どこなんだろうか?

ひょっとして、穏やかな顔の白杖の君は内心、疲れぼやいてたのかもしれない。。。

足組の女性は何かの心配事が充満した、気を配れないただの不思議ちゃんだったのかもしれない。。。

瞬時に善悪を判断したわたしは、ただのひとりよがり野郎なのかもしれない。。。

でも、まあいいさ。

だれにも頼らずに必死にあの坂をこつこつと登っていたかのじょは、

事実、誰にも迷惑はかけなかったんだ。

意図がどうであろうが。

もし、神が居るんだとしたら、

良きひとにはさらなる試練を与え続けるのだろう。

どんなにコウベを低くしてももっと下げなさいと。

傲慢なものにはそんなプレゼントはあげないという、悪気があるかもしれない。

傲慢であることに気が付かないようにさせるんだ。

こわぁーっ。

良きひとには違う対応を取る。

失うことによって、世の儚さと切なさと、にんげんの素晴らしさを知りなさいと。

こわぁーっ。。。。

ちなみに神さま、

 わたし、十分に中途半端なこの現状品格に満足しております。はい。

天気予報がコロコロと変わる。

9月 9th, 2016

歳ですかね(苦笑)

それとも、仕事がないから却って眠れないのか。
無意識にホッとしているのかも。

結構強力な台風が二つも近付いているせいで、
天気予報がコロコロと変わる。

今日はもうグロッキーだったので
家事一切はやめて休養したけれど、
明日は雨だろうが嵐だろうが洗濯をしなければならない。

やるったらやるんだ! o(`Д´*)oプンスカプン!!!
と念を送っていたら、時系列予報に晴れマークが…(勿論単なる偶然)

******

最近ネット記事で砂糖の及ぼす身体への害についてチラホラと見かける。
確かに砂糖をふんだんに使った食べ物を食べ過ぎると
体調が狂ったり、気持ちが落ち込んだりするのは体感的に知っていた。
知っていた、というのは本当に頼りなげな感覚にすぎない。
でも30代後半くらいから、
食生活の影響をいろいろと受けるようになっていったのは、
気のせいではなかったように思う。
今ほどではなかったけれども。

きっと砂糖を代謝する能力が食べる量についていけなくなったのではないかと思う。
身体が成長する、というモードから現状維持、ゆっくり老化モードに
切り替わったということなのかもしれない。

数年前から酵素食が流行りだして
とかく抗酸化がキーワードになっているけれど、
入院、療養生活と合わせて2ヶ月間栄養バランスが取れた食事をとってみて、
40代以降の食生活は、肉や魚介類は少なめでも、
野菜や果物、発酵食品、海藻類、大豆製品などを豊富にとれば
かなり良好な体調を維持することができるようだ。

独り暮らしだと、手間暇をいかに省くかに重点が行ってしまう自分の食生活。
いかに身体を冷やさないようにするか、ということが大事なように思う。
みそ汁と温かい米飯だけでも、きちんと取るようにしないと…なんて考える。

冷蔵庫が小さいこともあって、作り置きはなかなかできない。
一時期やってみたことがあったけれど、
夏場は冷蔵保存が必要な食材も出てくるので
スペースのやりくりが大変だった。

そうかぁ、冷蔵庫を大きなものにすれば
常備菜に事欠かなくなるし、ご飯も冷凍保存できるようになるなぁ。

冷蔵庫のために、仕事を頑張る…?のもいいかも。(いやいや;笑)

横浜港のクルーズの旅ができたらしいので、一回は参加してみたいと思います。そのために頑張って働かないとね。

|前みたいなメールのやり取りっぽい画面で充

5月 12th, 2016

前みたいなメールのやり取りっぽい画面で充分だったんですけど…
まぁ其れは置いといて。mixiも色々頑張ってるんだ。
どんなキモい事言ってきてるのか、其れをやり過ごそうとしている
(偶にシカトすらしている)セツとの温度差を笑ってもらいたくて
丸々見せちゃいました。てへぺろ。に引っ越しているのです。
大切にしていた羽風薫のウィッグと共に引っ越しします。

いやー「何これw」みたいな反応で、
もっと笑って2chに張り付けまくるとかしてくれても良かったのにー><
皆にも見てもらいたい…けれど、
メッセージ受信範囲の外に居る人とのやり取りは残されないみたいで…
勿論また来た申請を受ければ復活するんでしょうけど。
…どうなんだろう?しないのかな??
でもあんな嫌がらせしてくる人とマイミクなんて耐えられない。
例えmixiの中だけでも接点が有るだなんて耐えられない。
って事でもう面倒だからアク禁掛けちゃった☆
またアプリの方で嫌がらせされたりして…もう来ないと良いんだけど、
どうだろう…凄く不安…耐え抜け、セツのマイロイド達!
萌えcanやってる人には誰かもう判っちゃったでしょうね。

明日も休み。 何をしようかな。

5月 8th, 2016

大阪の劇団四季のライオンキングを母とみてきました。

小さい頃からディズニーアニメが好きでライオンキングもよくみてましたが、劇中はアニメにでてきた歌はもちろん、オリジナルの演出もあり感動しました。

ティモンとブンバアが関西弁だったりご当地ネタも素晴らしかったです(^^)
笑いあり涙ありでした。

そのあと、大阪、京都で買い物を済ませ帰宅。

母もそのまま泊まりです。
正月は姪も来て自分の時間がつくれなかったのか、やっと正月がきたと話しゆっくりできたようで何より(*´ω`*)

明日も休み。
何をしようかな。

つまらん日記、読んでくださりありがとうございます。

結論、ディズニー最高!

その次は横浜の豪華客船に乗って旅に出たいです。